時間を有効に活用できる!夜行バスのスキーツアー

手荷物に関することを知る

スキーツアーはさまざまなものがありますが、人気のツアーのひとつがバスツアーです。特に夜行バスを利用したツアーはスキー場での時間を多く確保できるので効率よく楽しむことができます。夜行バスのツアーでは各出発地を夜に出発して、翌朝にスキー場に到着します。帰路についてもスキー場を夜に出発して翌朝に帰着します。つまり、寝ている間に移動できます。個人のスキー板などを持っていく場合にもバスのトランクルームに預けることができることもあるので、荷物が多くても楽に移動することができます。ツアーによっては別料金を支払うことで自宅から目的地の宿泊施設まで配達してくれるサービスを展開していることもあります。ただ、着いたときにスキー板が届いていないというような事を防ぐためには、行きに関しては各個人で持っていき、帰りだけ宅配サービスを利用するというのもひとつの方法です。

夜行バスで大事なマナー

夜行バスのスキーツアーで大事なことはバスにおけるマナーです。夜行バスなので出発後に室内灯は消灯され、暗くなります。しっかりと休んで翌日からのスキーに備えることが大事です。消灯後にスマートフォンや音楽プレイヤーを使用すると周囲の人に迷惑となることがあるので、お互いルールを守ることがポイントです。

うれしいリフト券の特典

スキーツアーには往復のバスと宿泊施設だけでなく、さまざまな特典がついていることがあります。代表的なものが宿泊日数分のリフト券です。リフト券があれば時間が許す限り、しっかりと楽しむことができるのでおすすめです。ツアーによって何日分であるかは変わるので、そこを比較することがひとつのポイントです。

スキーツアーの計画を立てているなら、目的地を明確にしましょう。国内には評判の高いスキー場がたくさんそろっています。