中古車を選ぶときにはここをおさえておく!

車両の状態を最初にチェック

中古車を購入するのであれば、まず最初に車両の状態をチェックすることが大事です。知識があって自分で整備をする前提であれば話は別ですが、多くの人はそこまでできませんから、できるだけ状態の良い個体を選ぶ必要があります。この際に重要となるポイントは単に走行距離が少なければ良い、年式が新しければいいと言うだけでなく、内外装の状態や整備状況もよく見ておくということです。同じ条件であれば走行距離が少ないほうが良いのですが、シビアな条件で使用されていた低走行車と逆に負荷の少ない長距離運行が多かった過走行車では状態は後者のほうが良いこともあります。年式が新しくても適切なメンテナンスがされていなければ年式ほど状態が良くないこともありますし、逆にメンテナンスが行き届いていれば多少古くても安心して乗ることができるものもあります。

このように中古車選びでは、全体的にみて状態の善し悪しをチェックするのがポイントとなります。

相場と照らし合わせて選ぶ

中古車の選ぶ基準としては、状態が何より重要なことは言うまでもありませんが、それと同じぐらい価格も重要です。できるだけ安く購入をしたいから中古車を選ぶので、得だと思える金額でなければ意味がありません。そこで価格で選ぶことは必ずしも悪いことではありませんが、ここで注意をしておきたいことは、相場と照らし合わせて妥当な金額かどうかを考えて選ぶことです。物の値段には理由がありますから、相場よりも高すぎても安すぎても何かあるということです。目を引く車が見つかったときには、値段に見合った価値があるのか考えてみるといい車を買うことができます。

ボルボを仙台で展示しているショップは、超優良な中古車を扱っているのでそれを買えばコスパが抜群にいいです。